みんなが知らない風邪・インフルエンザとお薬の関係

The following two tabs change content below.

風邪に罹って苦しまないためにはどうしたら???

 

①うがい、手洗い

手洗い|画像

外からの細菌、ウイルスなどが体内に入ってこないように
外出してきて家に帰ってきたら
うがい、手洗いをします。
石鹸などを使って指と指の間も丁寧に洗います。

 

 

②十分な栄養と睡眠

偏食を避けてバランスの良い栄養をとります。
特にビタミンCの多く含まれるものやカテキンなど
を摂ることがオススメですね。

 

十分な睡眠をとることも大事です。寝ることにより体の回復力が早まります。

 

③風邪の予防が期待できる食べ物

 

・生姜

 

身体をあたためて、粘膜に付着したウイルスと戦う力、
抗ウイルス性物質の分泌を促す効果のある成分が含まれています。

 

・発酵食品

 

納豆やヨーグルトなどの発酵食品は
強い抗菌作用があります。
O-157やサルモネラ菌も予防する働きもある食品です。

 

・柑橘系の植物

 

みかんやグレープフルーツなどにはビタミンCが多く含まれていることは
みなさんよくご存じだと思われます。

1日に500mgのビタミンCを摂ることによって
インフルエンザや風邪にかかるリスクが大幅に減少することが
研究で分かっています。

 

・お茶などに含まれるカテキン

 

病気に対する抵抗力や抗菌・殺菌作用があるカテキンを摂りましょう。

風邪だけではなく、抗酸化作用によって老化防止にも効果があり
女性のお悩みの便秘にも効果があるようです。
◆カテキンはどのくらいとったらいいの?

お茶に含まれている「カテキン」
果たして
1日そのくらいの量をとったらいいのでしょうか?

 

1日にこれくらいの量を摂ってくださいというものはハッキリしていませんが
「だいたい1日1gのカテキン」をとると良いということが理想的なようです。

 

1gといっても実際どれくらいかわかりませんよね。

 

日本茶には大体1杯分で0.1gが含まれているようです。
なのでお茶10杯分でこの摂取量をクリアします。

 

1日お茶を10杯も飲んでられませんよね(笑)

 

お茶には喉を潤す作用や抗菌作用もあります
必要であればサプリなどでその分摂取されればいいと思います
やはり人間健康が第一です。

 

健康維持のために普段から食生活や、運動、睡眠などの見直しが大切だと思います。

 

 
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

健康・美容 実体験投稿サイト『すこいき』では

自分や家族、知人の病気、美容などの
実際の体験・体感など情報を
一人でも多くの方に役立てて戴けるよう、
心をこめてシェアしています。

なお、『すこいき』では
『すこいきLINE』を開設しております。

ブログで話せない情報などを
発信しております。

ライターさんの御時間次第ですが
詳しい御相談も出来ると思います。

お氣軽に御登録くださいね。

    ご登録はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


PAGE TOP